また在日韓国人 今度は京都府警本部の玄関ガラスを破壊し逮捕

韓国人

京都府警上京署は、12日、器物損壊の疑いで、自称、京都市右京区西京極佃田町の建設業、高永治容疑者(49)を逮捕した高永容疑者は在日韓国人だった。京都府警本部の玄関扉のガラスを蹴り壊した疑い。各メディアが報じている。

上京署によると、高容疑者は当時酒に酔っていたといい、「財布をなくした」と110番した後、府警本部を訪問。しかし玄関が施錠されていたことなどに立腹し、犯行に及んだという。高永容疑者は蹴って玄関ガラスを破壊。調べによると、容疑者は容疑を認めているという。

在日韓国人の犯罪が後を絶たない。在日韓国人らの犯罪率は日本の5~10倍とされており、特に顕著なのは不法滞在で、2009年の事案では在日外国人の21%を占める割合となっている。近年では反政府運動や薬物売買・製造にも手を染めている割合が高く、治安の悪化が懸念されている。

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。