内閣官房、6月を「夏の蚊対策広報強化月間」に ジカ熱ウイルス予防で

ジカ熱 ウイルス

内閣官房は、国際感染症対策調整室、厚生労働省とともに、ジカ熱ウイルス感染症予防のため、6月を「夏の蚊対策広報強化月間」に指定した。政府公報などでも広く国民に呼びかけを行っている。

首相官邸では、1日、ジカウイルスについてコメントを発表。ジカ熱は感染を媒介する蚊の対策が感染防止の重要なポイントであるとし、地方自治体向けの手引の活用を促しながら推進を続け、6月を「夏の蚊対策広報強化月間」とし、広報として国民から募集した標語を活用しつつ、集中的な広報・普及啓発を実施していく構えを明らかにした。その上で、「蚊を増やさない」「蚊に刺されない」ための国民運動への協力を呼びかけた。

ジカウイルスは、国立感染症研究所によると、ヤブカ属の蚊によって媒介されるウイルス感染症で、1947年にウガンダのZika forest(ジカ森林)のアカゲザルから初めて確認され、これまでで2007年にミクロネシア連邦のヤップ島での流行、2013年にフランス領ポリネシアで約1万人の感染が報告され、2014年にはチリのイースター島、2015年にはブラジルおよびコロンビアを含む南アメリカ大陸での流行が発生している。近年になって猛威を振るっているウイルスだ。ジカウイルスはデングウイルスと同じような感染経路であり、空気感染はなく、予防することで防ぐことができる。各国は、渡航について警告などを行っており、ジカウイルス対策を呼びかけている。内閣官房および厚生労働省の資料などは以下URLより。

(参照)

ジカウイルス感染症を予防するための「夏の蚊対策国民運動」について(首相官邸)
http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201606/1_a.html

「夏の蚊対策国民運動」における蚊の対策に関する協力依頼について(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000126086.html
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10906000-Kenkoukyoku-Kekkakukansenshouka/0000126084.pdf

ジカウイルス感染症とは(国立感染症研究所)
http://www.nih.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/6224-zika-fever-info.html

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。