知識:沖縄で暴れる左翼過激派には「中核派」が含まれている

中核派

沖縄で近年、左翼過激派が米軍基地反対運動としてデモ活動を展開。日本の防衛を少しでも削ごうと躍起になっている。デモ参加者らは暴力事件や脅迫事件などを起こし、インターネット上でたびたび話題となっている。その左翼過激派には「プロ市民」と呼ばれる中国人や韓国人、在日韓国・朝鮮人団体が荷担しているという噂があるが、確実に荷担していることが確定している組織が存在する。それは「中核派」だ。

闘争スケジュール 発行日: 2016年4月25日 第2743号(前身 中核派)
http://www.zenshin.org/zh/f-kiji/2016/04/f27430104.html
中核派 闘争スケジュール
中核派の発行する『前身』、その公式ホームページに注目だ。その中に「闘争スケジュール」と呼ばれるデモ日程が記載、「辺野古への新基地建設許すな! 改憲―朝鮮侵略戦争とめよう!」とあるのだ。沖縄で暴れ回る左翼過激派として、中核派が荷担していることは間違いないのである。

中核派とは、正式名称を「革命的共産主義者同盟全国委員会」とする、極左団体の一つ。警察庁の公表資料によれば、「テロ、ゲリラを展開し暴力革命を目指す過激派」「セクト色を隠しながら労組、大衆団体への介入を強める過激派」として紹介されている、日本に害をもたらす極左暴力集団という位置づけだ。東京などにおいては「反安倍晋三政権」を掲げ、反政府運動を展開し左翼を率いているのも中核派。このような組織には日本人ならば関わらないことが大切だ。

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。