スイスも北朝鮮への制裁に参戦!核実験に対して

北朝鮮

米国メディアなどは、24日、スイス政府が対北朝鮮独自制裁に伴う輸出禁止ぜいたく品目25個を指定したと報じた。25品は、キャビア(チョウザメの卵)、トラッフル(西洋トリュフ)、各種ワイン、高級ヨット・スキー装備、高級パン、菓子類、チョコレート、ウイスキー、シガーなど。

北朝鮮はことし上旬、核実験と事実上の長距離弾道ミサイル発射を強行。これに対し、3月2日、国連安全保障理事会は北朝鮮に対する制裁を強化する決議を全会一致で採択した。制裁では、北朝鮮産鉱物の輸入禁止などが新たに盛られ、北朝鮮に出入りする貨物の検査や金融制裁を強化し、者・金・人の流れを大幅に制限する内容。これらを遮断すると、北朝鮮は輸出総額の約4割を削られる計算。核・ミサイル開発に打撃を与える意図だ。米国が国連安保理に提出した北朝鮮決議草案は、過去20年の中で最も厳しい制裁だと言われている。

スイスは今月18日に、ロシアとともに北朝鮮資産を全面凍結、銀行口座も閉鎖する方針を打ち出した。加えて今回、物流も制限する方針が決まった形となる。これについて北朝鮮政府は、「朝鮮は孤立しない」などとコメントしているという。

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。