また在日中国人 違法PCソフトをネット販売し荒稼ぎ

パソコン

千葉県警サイバー犯罪対策課などは、24日、アルバイトの張雪峰(38・中国籍・千葉市中央区問屋町)と無職、知人の梅津文佳(35・同市美浜区磯辺3)の両容疑者を著作権法違反容疑で逮捕した。無断複製されたパソコン用ソフトを大手インターネット通販サイト「Amazon」で販売した疑い。

逮捕容疑は昨年8~11月、米アドビシステムズ社のPDF変換・編集ソフトを無断で複製したDVDと知りながら、県内外の男性6人に計4万2620円で販売したとされる。同課によると、販売価格は本物の定価の約2割で、DVDは中国から輸入したとみられる。同課は両容疑者が25年3月以降、約1億2000万円分以上を違法に販売したとみている。関係先からは売上金の一部とみられる現金約4800万円と、複製されたDVDなど約1万9000点が発見された。張容疑者は容疑を認め、梅津容疑者は「偽物と知らなかった」と否認しているという。

在日中国人の犯罪が後を絶たない。インターネットサーバーなどを不正に使用し、個人情報やクレジットカード情報などを抜き取る犯罪が多発。今回の事件でまたもやインターネットが在日中国人に不正に使用された形だ。

(参照)

複製ソフト販売で摘発 ショッピングサイトに出品 千葉(サンケイ)
http://www.sankei.com/region/news/160525/rgn1605250057-n1.html

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。