在日韓国人が飼うと犬まで凶暴に? 通行人を怪我させ飼い主逮捕

ドーベルマン

静岡県沼津署は、23日、過失傷害の疑いで在日韓国人の、住所不定、自称俳優兼マッサージ業の女(52)を逮捕した。飼い犬が通行人にかみつき、怪我をさせた疑い。静岡新聞が報じている。

逮捕容疑は、2015年10月24日午前10時半ごろ、飼い犬を乗せた軽乗用車を沼津市内の郵便局の駐車場に止めた際、後部座席の窓を開けていたため、車の横を通った同市の会社員男性(41)の右肩に飼い犬がかみついて1週間の怪我を負わせた疑い。容疑者は「うちの犬がそんなことをするわけがない」などと容疑を否認しているという。同署によると、飼い犬は中型のドーベルマンで、2歳半のメス。同署は男性からの被害届を受け捜査していた。

日本で数々の凶悪犯罪を起こしている在日韓国・朝鮮人。犬は飼い主に似るというが、そういった在日韓国・朝鮮人の性格が表れた形か。ドーベルマンは従順で人なつこい一面もあるが、警戒心が強く、緊張状態になると獰猛になる性格がある。

(参照)

車から犬がかみ、けが 沼津署、飼い主逮捕(静岡新聞)
http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/243594.html

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。