在日韓国人の女、警官を騙して不正にスマホ入手、逮捕

韓国人

京都府警下京署は、14日、住所不定の自称アーティスト、在日韓国人の呉蔚(オウ・ウル)容疑者(23)を詐欺容疑で逮捕したことを発表した。産経新聞などが報じている。

逮捕容疑は4月21日午後6時40分ごろ、同署が拾得物として保管していた他人のスマホを、落とし主と偽って遺失届などを記載。署員の確認に対し、「オールオッケー」などと応答し、不正に詐取したとしている。同署によると、スマホは3月、京都市下京区の飲食店で、20代女性が紛失していた。4月2日、同区の別の飲食店で、呉容疑者がこのスマホが入ったリュックサックを預けて立ち去り、店側の届け出を受けた同署が拾得物として保管していた。4月21日に、呉容疑者が下京署に受け取りに現れ、犯行に及んだという。呉容疑者は容疑を否認しているという。

事件の発覚は、5月9日に持ち主のスマホの契約者が下京署に連絡してきたことによるもの。呉容疑者がリュックサックの複数の中身やスマホの機種などを正確に伝えたことから、警察が正規の持ち主だと勘違いしたという。リュックサックの中身を知っている別人が所有者を名乗る、警察の本人確認の盲点を突いた犯行だった。

(参照)

韓国籍の自称アーティスト女、「落とし物」のスマホ詐取 「オールオッケー」に幻惑された京都府警の痛恨ミスとは(サンケイ)
http://www.sankei.com/west/news/160515/wst1605150048-n1.html

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。