韓国でまたジカ熱感染者を確認 4日ぶり5人目

ジカ熱 ウイルス

韓国・聯合ニュースは、11日、韓国疾病管理本部が同日、39歳の男性がジカ熱に感染したと発表したことを報じた。韓国国内で確認されたジカ熱患者は5例目。

韓国では今月7日ごろ、4例目のジカウイルス感染者が確認されたばかり。5例目の感染者は男性で、4月27日にフィリピンに出張し5月4日に帰国、出張中に蚊に刺され、帰国後に発疹や筋肉の痛みなどの症状が現れたため検査を行ったところ、血液と尿からジカ熱の陽性反応が出たという。現在のところ男性の容体は安定しているという。韓国疾病管理本部は男性の移動経路などの調査を進めているが、「男性は1人で出張し、帰国後も献血などは行っておらず蚊に刺されてもいない」とし、韓国内での感染拡大の可能性は低いという見方を示している。

韓国では昨年、中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスが蔓延した。今年はジカウイルスの年になってしまうのか?韓国内では政府の対応が遅れているとして人々が批判している。

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。