総連、朝鮮大学校卒業生に金正恩氏忠誠団体への就職を強要していた

朝鮮学校

産経新聞は、4日、朝鮮大学校(東京都小平市)が4月、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の指示で、核開発を主導する金正恩(キムジョンウン)第1書記に忠誠を誓う朝鮮総連傘下の青年団体「在日本朝鮮青年同盟(朝青)」に卒業生を強制的に就職させていたことがわかったと報じた。朝鮮総連関係者が明らかにしたという。

同紙によると、2015年度の朝鮮大学校卒業生160人余のうち、在校生の希望とは無関係に、朝青に約30人、小中高に該当する朝鮮学校教員として約50人が就職していたとされる。卒業生のうち約9割が朝鮮総連の影響下にある関連企業や団体に就職していた。また、朝鮮総連は、日本の大学に通う朝鮮籍出身者らの朝青への就職拡大を組織決定していた。朝青は近年、慢性的な財政難だった。政府は、金第1書記を支える中枢人材の輩出機関として朝鮮大学校や日本の大学の役割が強化されているとみて、動向監視を強めているという。

これらの判明により、朝鮮総連が人材を囲い集めていることが公になった形。朝鮮総連とその関係施設は、「対日諸工作」を行っているとして警察庁の資料などに公表されている。警察庁の官報によれば、「昨今の情勢を踏まえた国際テロ対策」の項目の中に朝鮮総連を含めて紹介。資料によれば、「朝鮮総連は依然として北朝鮮に従属する組織である」とあり、北朝鮮の司令で動く反日テロ組織という位置づけだ。産経新聞の記事全文は以下のURLより。

(全文)

総連、朝鮮大学校卒業生に金正恩氏忠誠団体への就職強要 東大、早稲田、明治…日本の大学にも門戸拡大(サンケイ)
http://www.sankei.com/politics/news/160505/plt1605050005-n1.html

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。