知識:難民・移民受け入れを主張するのは在日韓国・朝鮮系組織ばかり

難民

難民・移民が世界で問題だ。ドイツなどは難民受け入れを行ったところ治安が崩壊、1ヶ月もしない内に規制による対策を講じた。これまでのところ、世界で難民・移民受け入れを行って成功を収めた国は存在しない。それにもかかわらず、なぜか日本国内に難民・移民受け入れを推進しようとする人々がいる。彼らは人権を盾に受け入れ推進を要求しているが、なぜそれほどまでに外国人を庇おうとしているのか。一体その原動力とはなんなのか。

「他民族共生教育フォーラム」と呼ばれる、2005年頃に活発だった組織がある。彼らの主張は、その名の通り「他民族共生」、つまり外国人受け入れ推進と定着だ。今でいう難民・移民受け入れ肯定組織である。これに賛同する団体・組織を見ると驚愕だ。

他民族共生教育フォーラムHP
http://ksyc.jp/taminzoku-f/index.htm

多民族共生教育フォーラム後援団体・賛同団体
http://ksyc.jp/taminzoku-f/sandoudantai.htm
他民族
コリアNGOセンター、在日本韓国YMCA、部落解放同盟、フォーラム平和・人権・環境、同胞法律・生活センター、朝鮮学校、在日コリアン弁護士協会など、在日韓国・朝鮮人団体ばかりなのである。さらにはプロテスタント系のキリスト教宗派の名前もあるが、これも在日韓国・朝鮮人や共産党に関係する、やはり在日韓国・朝鮮系団体だ。他民族共生を訴えている団体のほぼ全てが在日韓国・朝鮮系団体なのだ。

在日韓国・朝鮮系の団体が、失敗が目に見えている多民族共生を訴えている。そもそも外国人が日本の国政に関係することに政治的主張を行うことは法律上認められていない。これが表しているのは、結局難民・移民受け入れを主張することは反日活動の一環であるということだ。難民・移民受け入れの是非について、決して感情論に流されず、国益を最優先に考え厳しい対応を行っていくことが必要だ。

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。