野球賭博、やはり在日韓国人絡みの組織犯罪だった可能性浮上

ドル

プロ野球巨人の野球賭博事件で、賭博開帳図利容疑で逮捕された胴元役の元飲食店経営斉藤聡容疑者(38)は、2日までの共同通信の取材に対し、「5月に韓国に行き、すし店を開く」と話していたことが明らかとなった。サンケイスポーツが報じている。

同紙によると、福田聡志元選手(32)らの賭博への関与が発覚した昨秋以降、警視庁組織犯罪対策4課は福田元選手らへの任意聴取を進めており、斉藤容疑者は自らに対する摘発を避けようとして韓国行きを計画した可能性もあるとみられるとしている。斉藤容疑者は逮捕前の4月中旬、賭博開帳図利ほう助容疑で逮捕された元選手笠原将生容疑者(25)が福岡市で開業した飲食店で共同通信の取材に応じ「(笠原容疑者の店を軌道に乗せて)1、2ヶ月後にすし店をソウルで開く。店の場所も決まっている」と説明。開店準備で「5月に渡航する」と話した。斉藤容疑者は笠原容疑者の店の開業に携わっていた。しかし斉藤容疑者は計画していた渡航直前の4月29日、笠原容疑者とともに逮捕された。捜査関係者によると、組対4課は笠原容疑者らの賭博への関与が発覚した昨秋以降、元選手らに任意で事情聴取。元選手の携帯電話の通信履歴なども解析し、斉藤容疑者が胴元役として関わっていたと判断したのだという。

4月には韓国のプロ野球も賭博が常時行われていたことが発覚している。サムスンでは主力2選手を賭博に関わっていたと発表したが、4月には1軍に復帰。韓国の野球ファンの間で、甘い待遇だと大炎上していた。日本の野球には相当数の在日韓国人が関与しているという。そのため、賭博の“本場”韓国の影響が日本の野球界にも及んだのか?闇は深い。

(参照)

笠原容疑者と逮捕された胴元役「5月にすし店をソウルで開く」聴取応じず摘発回避か(サンケイスポーツ)
http://www.sanspo.com/baseball/news/20160502/gia16050217530007-n1.html

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。