韓国人の売春組織、ニューヨークで摘発 49人逮捕

売春婦

米韓の警察当局は、20日、米ニューヨークで韓国人による売春組織を摘発し、容疑者49人を逮捕した。韓国紙や中国紙が伝えている。

ソウル市警察の国際犯罪調査チームによると、米韓の合同捜査チームは15年7月に捜査を開始。首謀者のキム容疑者ら49人が11年以降、ニューヨークで雇った韓国人女性にマッサージを装って売春をさせ、1時間当たり200ドル(約2万2000円)を稼がせていた。これまでの5年間に16億ウォン(約1億5500万円)の違法収入があったとみられる。韓国人女性は21~39歳だった。キム容疑者は米国の大学を卒業後、現地の貿易企業に入社。退社後、ネットを通じて売春ビジネスを拡大していたという。

韓国人売春婦は世界中に120万~150万人いるとされる。韓国政府は法的制裁を打ち出しているが、売春婦らがGDPの約5%(約9兆ウォン=6500億円)を叩き出しているためか、現在まで黙認されている状態が続いている。韓国人売春婦は日本ではもちろんのこと世界でも問題視されており、米国では約2年前から厳しく取り締まりを行っている。昨年にはカナダにおいて、中国人と韓国人のブローカーが人身売買を行い、売春婦をカナダに売り飛ばしていた事件が発覚、容疑者6人が逮捕された事件も起きている。

(参照)

韓国人の売春組織、ニューヨークで摘発49人逮捕=米韓の合同捜査チーム―韓国メディア(レコードチャイナ)
http://www.recordchina.co.jp/a134452.html

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。