「国民大集会」での安倍首相の挨拶 北朝鮮は「直接的な脅威」

安倍晋三

安倍総理は、9日、都内で開催された「最終決戦は続いている 制裁と国際連携で全員救出実現を!国民大集会」に出席した。そのことを首相官邸が報告、安倍首相の挨拶の詳細を明らかにしている。

安倍首相は、同会において、北朝鮮による拉致問題について、「拉致問題の解決は、安倍政権の最重要課題」「最優先で取り組んでおります」と報告。しかし、北朝鮮側がいっこうに進展をみせないことで拉致問題が解決しない旨を述べた。さらに北朝鮮は核実験を行い、2月には人工衛星と称するミサイルにより世界各国に向けた挑発を行ったことにも触れ、一連の北朝鮮の行為は「明白な国連安保理決議違反であり、我が国に対する直接的な脅威であり、断じて容認することはできません」と強調した。

安倍首相は、拉致被害者、拉致被害者家族に対しては、「一刻も早く、拉致被害者の皆さんを御家族の下に取り戻すべく、これからも、国民の皆様と共に全力を尽くしていく」と述べ、「皆さん一緒に頑張ってまいりましょう」と今後も政府として取り組んでいく構えを示した。安倍首相の挨拶全文は以下のURLより。

(全文)

平成28年4月9日 最終決戦は続いている 制裁と国際連携で全員救出実現を!国民大集会(首相官邸)
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/actions/201604/09rachi.html

About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。