朝日新聞社「韓国人のあふれる情から学びたい」などと韓国の汚食文化を大絶賛

韓国 犬

偏向・捏造・反日なんでもありの朝日新聞社が、またもトンデモ思想。朝日新聞社は、24日、「山盛りご飯、並ぶ大皿 韓国人のあふれる情から学びたい」とのタイトルで、露骨な韓国贔屓記事を書いている。

記事では、自称・文化人類学者にインタビュー。「韓国と日本は食の交流が盛ん」「キムチは日本の家庭に浸透」などと不透明な内容を書き並べ、露骨に韓国贔屓。朝日新聞社には多数の在日韓国・朝鮮人がいるとされるが、それが裏付けられた形だ。韓国といえばあらゆる食物が大腸菌汚染されていることで有名だ。

朝日新聞社の反日思想は底なし。でっち上げの慰安婦問題をはじめ、反政府運動にも加担し、極左暴力集団や過激派とも接点があるとされ、今や日本人の敵だ。報道機関ではなく、韓国を持ち上げるための捏造機関と成り果てている。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。