【2chの反応】中国共産党が進めるオーストラリア支配計画 目に見えぬ侵略は日本でも始まっている

福田康夫
1: ■忍【LV10,ほうおう,9C】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 20/06/18(木)10:22:53 ID:???
 中国のオーストラリア支配計画』(飛鳥新社)が出版された。著者はオーストラリアの作家で、チャールズ・スタート大学の教授、クライブ・ハミルトン氏である。地政学者の奥山真司氏が翻訳した問題作。オーストラリアだけでなく世界覇権を目論む中国は、すでに日本にも触手を伸ばしている。オーストラリアの失敗から学ぶべきことは?
 原著は、出版社と契約を結んでいたが刊行中止。その後も2社から断られた、ようやく出版にこぎつけたいわくつきの書である。英紙フィナンシャル・タイムズは、「販売中止を決めた自粛は自己検閲だ」と批判している。
 公共倫理を専門とするハミルトン氏は2016年8月、労働党のサム・ダスティヤリ上院議員の政治スキャンダルが発覚した際、中国共産党の工作に気づいた。この議員は中国共産党とつながりのある中国人富豪と癒着。これをきっかけにオーストラリアの主要政党にとって、裕福な中国人や中国系オーストラリア人のビジネスマンたちが最大の資金提供者となっていたことが判明したのだ。
 さらにハミルトン氏の調査で、中国共産党は、オーストラリアの連邦政府、企業、主要政党、大学、メディアなどに浸透し、影響を与え、コントロールするための体系的な活動を行なっていることがわかったという。
 中国がオーストラリアにターゲットを定めたのは、2004年8月。世界中に散らばる中国の外交官を北京に集め、秘密会議が開かれた。当時の共産党総書記であった胡錦濤(こきんとう)のもと、党の中央委員会がオーストラリアを中国の周辺地域に組み込むべきであると決定した。中国最大の狙いは、米豪同盟を壊し、オーストラリアを属国化することだったという。
 05年2月には、共産党の外交部副部長であった周文重(しゅうぶんじゅう)がキャンベラを訪れて、在豪中国大使館の高官たちとの会合で中央委員会が決定した戦略を伝えた。ハミルトン氏の取材に応じた在シドニー中国領事館の政務一等書記官だった陳用林氏(ちんようりん‐2005年にオーストラリアに政治亡命)によれば、中国は経済的な手段を使って、オーストラリアに対して軍事関連や人権問題を含む、様々な分野で譲歩を迫り、オーストラリアをアメリカに対してノーと言える西洋の国にしようと画策しているという。
 2002年8月、オーストラリアは中国広州省に天然ガスを供給する契約を結び、有頂天になって喜んだ。しかし、陳用林氏によれば、中国は数カ国を招いて入札を行い、1番安い金額を提示したインドネシアに決めていたが、北京の共産党中央委員会があえてオーストラリアに決めたのだという。これはいわば中国の対オーストラリア工作の伏線で、オーストラリアを中国の方に振り向かせる狙いがあった。
(以下略)

Yahoo!ニュース 6/12(金) 5:59配信 デイリー新潮
https://news.yahoo.co.jp/articles/86e7a940d2b7a70dd5d368a9b4035b6e85b7f44e

4: 名無しさん@おーぷん 20/06/18(木)12:41:42 ID:uJ.rz.L1
外国人が日本で権利闘争するのは侵略と同義

5: 名無しさん@おーぷん 20/06/18(木)13:19:24 ID:Kf.4d.L1
日本でも始まってるどころか、
もう20年以上前から始まってるんじゃないの?
それをここまで持ちこたえてるとしか思えない。

6: 名無しさん@おーぷん 20/06/18(木)17:31:28 ID:Vh.ub.L16
20年どころか安保闘争やらせてたのも中共では

9: 名無しさん@おーぷん 20/06/18(木)18:33:26 ID:wR.dg.L1
>>6
その頃のアカはソ連がスポンサー。『今日のソ連邦』なんていう大判フルカラーの雑誌を愛読してる奴がおったよ。

8: 名無しさん@おーぷん 20/06/18(木)17:46:24 ID:jG.c0.L12
沖縄の本土復帰運動も黒幕はチャイナだと思うわ

10: 名無しさん@おーぷん 20/06/18(木)19:05:56 ID:J8.gx.L2
コロナに隠れちゃったけど、1月末位に中国軍人がどうも多数入国しているようだってフィリピン政府がコメントしてたんだよね
中国は太平洋世界進出に執心なようで

12: 名無しさん@おーぷん 20/06/18(木)19:21:30 ID:co.cf.L7
silent invasionは必読書になると思う。
左翼の浸透工作がいかに脅威であるのかをもっと広めなくては駄目だ。
日本だって数十年間左翼の攻撃を常に受け続けているようなものだからな。

15: カール・リープクネヒト◆j7NH1KX2JFKF 20/06/18(木)21:04:33 ID:52.8d.L6
支那は確かに紛れもなく脅威であり、近々に処理すべき案件だと思うけど、同時に一方で、【支那の脅威を声高に論じ、支那への敵対心を煽り、やがて、支那を軸にした世界戦争が現実のものになる事を望んでいる国際秘密力】が存在するのではとも思う。

13: 名無しさん@おーぷん 20/06/18(木)19:33:38 ID:2H.lr.L14
いい本が出たが、遅きに失した感がある。
オーストラリアはもう立ち直れないだろう




抽出スレ:https://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1592443373/


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。