Zoom、中国政府から圧力受けていた 中国を糾弾する人権活動家のアカウントを停止したこと認める

shu-kin-pay

ビデオチャットサービスのZoom(ズーム)は、リリース記事で、中国政府の要請を受け天安門事件の犠牲者を追悼するイベントを開催した3つのアカウントを停止したことを公表した。

天安門事件とは、中国政府が1989年6月4日、天安門広場で行われた平和的抗議を暴力で抑え込み、犠牲者を出した事件。これについて中国政府は、中国政府の非道を追及する人権活動家らの活動を妨害するため、Zoomに圧力をかけアカウントを停止させた。Zoom側は「ポリシーに基づく措置である」とし、中国政府からの圧力を事実上、適正であると認めている。

中国政府の世界中への横暴は計り知れない。最近では新型コロナウイルスの蔓延の原因についても他国へ押しつけるなどの活動を展開。他国へのスパイ行為は当然のように行っており、民族を弾圧するなどの行為も。もはや中国は世界の敵だ。


About the Author

赤松 伊織
赤松 伊織
豊受真報編集長、赤松伊織です。読者の皆様に様々な情報をご提供できるよう精進してまいります。豊受真報をご愛読くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。